‘Advertising’ カテゴリーのアーカイブ

DSPはあなたにとって何を意味する? (和訳)

2012年1月5日 木曜日

http://www.adexchanger.com/one-question/what-does-demand-side-platform-mean-to-you/

最近身近でちょっと話題だった記事を和訳しました。

What Does ‘Demand-Side Platform’ Mean To You?

What does DSP (demand-side platform) mean to you?

JG: Let me start by saying that one of the unfortunate things about ad technology is that we ruin words. I was in the middle of this before when I created the first ad exchange (AdECN) in 2004. We went out into the world and said, “We’ve created an ad exchange and we’re fair, neutral and transparent – and we run an auction for every impression.”

Then suddenly, that idea took hold. Before I knew it, there was no longer any distinctions (at least in powerpoint) between ad networks and ad exchanges.  And nearly every ad network transformed into either an exchange or a marketplace, or something other than an ad network. The word “exchange” started to become diluted. We then had to open every sales conversation with, “Let me tell you about our type of exchange.” We would oscillate between saying, “Our competitors are not exchanges,” to “They’re a different kind of exchange.”

So, in 2012 it is now 2006 all over again, except that instead of us squabbling about the term “ad exchange,” we’re diluting the term DSP, which has come to mean something other than a demand-side platform. Instead it’s come to mean,  “I plug into RTB (real-time bidding) inventory and I get access to the exchanges.”

There are often a variety of business models built on top of that – such as arbitrage focused business that are operating on 50 percent margins and offering little transparency – which I would argue is a business model that is closer to an ad network.

I’d argue that more often than not, most so-called DSPs are an outsourced agency, or they are a new type of ad network. Some DSPs have more service layers than they do technology—and their margins, their staffing, and sales pitch certainly do not lead with “platform.”

Anyway, it is admittedly self-serving to make this statement, but we’re one of the few companies that can actually say we’re a platform. We are a demand-side platform, or a buy-side platform. In fact, we often refer to ourselves as a buyer’s platform just because we’re trying to distinguish ourselves from the term DSP, which has come to mean so many different things.

As a buyer’s platform, we operate transparently. We leave a gap in the stack so that agencies and ad networks create the service layer – and can create and protect our client’s proprietary advantage when they play on our platform. We are trying to be the ad tech company that powers other ad tech companies instead of trying to compete with them all, which is different.  Most DSPs are competing with ad networks and ad agencies.  We don’t compete with them; we power them.

 

あなたにとってのDSPの意味とは?

 

私は広告技術に関する不幸なことの一つは、我々は言葉を台無しにすることであるということから始めてみましょう。私は2004年に最初のアドエクスチェンジ(AdECN)を作ろうとした時もそうだった。みんなは世界に向けてこう言った。

「私たちはアドエクスチェンジを始めます。それは公平で、中立で、透明です。そしてすべてのインプレッションに対してオークション方式です」。

そして突然、そのアイデアは保留しました。私がそれを知る前に、アドネットワークとアドエクスチェンジの間に区別は、(少なくともpowerpointの中では)ありませんでした。そして、ほとんどすべてのアドネットワークは、アドエクスチェンジかアドマーケットプレイス、またはそれ以外の何かに変わった。「アドエクスチェンジ」という単語は、薄まり始めました。そして私たちはセールスの度に、こんなこと言わなけれなりませんでした。

「私たちのアドエクスチェンジについてご紹介させてください。」

それで矛盾してくるだろう。

「私たちの競合はアドエクスチェンジではない」「彼らのアドエクスチェンジとは異なる」とか。

そう、2012年、それは2006年の再来です。「アドエクスチェンジ」について論争する代わりに、DSPという言葉の意味を曖昧にして、広告主サイドのプラットフォーム以外に以外の意味を持つようになってきました。私たちは用語DSPを曖昧にしています。それは需要側プラットフォーム以外にこのように意味されます。

「私はRTB (real-time bidding) でインベントリに接続します。そしてエクスチェンジにアクセスします。」

このように50%のマージンビジネスのようなモデルがよくある。私は、ほとんどのDSPは外注代理店、ある種のアドネットワークだと思う。そのDSPは、テクノロジー層よりも、サービス層を重要視していて、そのマージン率、人員配置、売り込み文句、、それは「プラットフォーム」としてリードすることはないでしょう。

我々は、「demand-side platform」または「buy-side platform」であるが、実際に、しばしば私たち自身を

「buyer’s platform」と呼びます。

理由としては、とても多くの異なったものを意味するようになってきた「DSP」という言葉から、自分たちを区別したいからです。

buyer’s platformとして、我々は透過的に動作します。代理店やアドネットワークは、サービス層を作成するような構造としている。我々のプラットフォームで動作させると、クライアントの独自の優位性を作成し、保護することができます 。私たちは、他社と競争しようとする代わりに、他のアドテクノロジー企業に動力を供給するようなアドテクノロジ企業であるとなろうとしています。そこが違います。ほとんどのDSPは広告ネットワークおよび広告代理店と競争していますが、私たちは競合しません。

私たちはそれらにパワーを与えます。

 

 

What’s your thought on Google’s position right now in the marketplace? Is it a fait accompli? Have they got it wrapped up?

No, and I know at times I’ve somewhat been in the minority on this. It’s not that we shouldn’t keep our eye on Google, but display and search are different. People often want to apply what’s happened in search to display. It just can’t happen that way. The primary reason it can’t happen that way is that in search, Google is the publisher 75% of the time.  In display, they rarely are the publisher. The argument that people often make is that Google has millions of advertisers plugged into them on the demand side, and they’ve got millions of publishers on the supply side and, as a result, the display ecosystem is theirs to lose. Unfortunately, most of the volume doesn’t come from the long tail and they have to continue to pay well.

The Admeld acquisition I think was a brilliant move for Google. But there is also risk. If Google takes too much margin –which is what’s required in order to really move the needle for investors accustomed to the high margins Google makes in search — than those publishers will eventually end up at other ad exchanges.

If Google decides to subsidize the business and accept lower margins, they may be able to sustain what they have. But I don’t see Google ever having more display market share than they have today.   Every major publisher is going to fight against Google growing in display.

That said, I’d like to see some of the other could-be-competitors actually compete with Google.

 

市場におけるグーグルの位置についてのあなたの考えは?もう勝ち組なの?

いいえ。

サーチ業界とディスプレイ業界は異なります。人々はよく、検索業界で起こったことを、ディスプレイにも適用しようとします。でもそれは起こりえません。主な理由は、サーチではGoogleのシェアが75%であるということに対し、ディスプレイにでは彼ら稀にしかない。

よく皆が議論するのは、グーグルは何百万もの広告主とパブリッシャーを接続したことで、ディスプレイ広告のエコシステムは失われるということ。でも、そのほとんどのボリュームはロングテール部分ではないため、彼らは、払い続けなければなりません。

私が思うadmeld買収は、Googleのための華麗な動きだった。 しかし、リスクもあります。Googleがあまりにも多くのマージン(サーチで慣れている高いマージン)を取る場合 、パブリッシャーは他のアドエクスチェンジでそれを終了させるでしょう。Googleは低マージンを受け入れる必要があると判断した場合、彼らが持っているもの維持できる可能性があります。しかし、私は、グーグルが、それらが今日持つより多くのディスプレイ市場占有率を常に持つとは思えません。すべての主要なパブリッシャーははディスプレイで成長するグーグルとの争うことになるでしょう。

 

(関連キーワード: ad teck / DSP/ ad exchange / RTB )

 

Learn about online behavioral advertising, privacy, cookies, and how this all works! (NAIのリンク集)

2012年1月4日 水曜日

http://www.networkadvertising.org/managing/learn_more.asp

 

Learn about online behavioral advertising, privacy, cookies, and how this all works!

オンライン行動広告、プライバシー、クッキーそしてそれがどのように動くのか。

 

A way to support the websites and products you care about

ウェブサイト、またあなたの関心がある製品のために

 

Advertising supports most of the free content people enjoy viewing online.

Allowing cookies and online advertising to personalize services to your browser can be a great benefit to the websites you support, by helping them earn revenue.

It can also be a great benefit to you by helping ensure that you don’t see too much repetition or irrelevant advertising while you surf the web. To read more about the value of advertising, you can check out the following:

 

オンラインで楽しめるほとんどの無料コンテンツを支えるのは広告です。

クッキーを許可し、オンライン広告をパーソナライズ化を許することが、あなたが応援するウェブサイトが、収入を得るのを支援し大きな利益になるかもしれません。

さらに、それは、ウェブをサーフィンしている上で、あまりに繰り返されたり不適切だったりな広告を表示しないことを保証するので、あなたへの大きな利益でもあります。

広告の価値に関するさらなる情報はリンクをチェックしましょう。

 

 

On Cookies

クッキー

 

What are http cookies?How are they used? How can I control what cookies are set on my computer? This and much more, as you learn about cookies via the following links:

 

HTTPクッキーとは何か。どのように使用されるのか?自分のコンピュータのクッキーをどのように制御できるか?クッキーに関してはリンクをチェック。

 

On Regulation, Self-Regulation & Accountability

レギュレーション、自己規制&責任能力

 

Online privacy and behavioral advertising are hot topics! Read what regulators and business groups are thinking about these issues:

regulators

From business groups, technologists, and self-regulatory bodies:

オンライン・プライバシーおよび行動の広告は最新のトピックです!

どの規制者および企業集団がこれらの問題に関して考えているか読んでください。

 

(関連キーワード: NAI, FTC, HTTPクッキー, iAB)